相続・贈与・遺言・不動産登記

相続による土地・建物の名義変更

面倒な相続による土地・建物の名義変更を、戸籍謄本の取得から遺産分割協議書の作成、登記申請まで一括して承ります。司法書士と行政書士の兼業事務所ですので、農地を相続した場合の届出までワンストップ。手間や費用を節約できます。

お子さんへの生前贈与

相続税対策や、使っていない土地の有効活用のため、お子さんやお孫さんへ不動産を贈与するときの名義変更を承ります。それに伴う農地転用や建築許可などの手続きもおまかせください。

遺言書の作成支援

遺されたご家族への『最後のラブレター』。遺言は、「相続」が「争族」になってしまわぬための予防措置としてとても有効な手段です。(1)ご自分で書く遺言、(2)公正証書の遺言、(3)内容を知られたくない方のための遺言など、様々なバリエーションの中からあなたに合った遺言を提案し、作成をお手伝いいたします。

遺言

 

離婚・財産分与による名義変更

マイホームやマンションなどを共有名義で購入されたご夫婦が離婚され、財産分与が行われたときは、早めの名義変更をおすすめします。また、財産分与の協議がととのわないときの調停の申し立てなどについてもお気軽にご相談ください。

住宅ローンの完済に伴う抵当権や買戻権の抹消登記

住宅ローンの支払いが終わったときの抵当権の抹消登記はお済みですか?やらないまま放置しておくと、後々手続きが面倒になったり、余計な費用がかかってしまうことがありますので、早めに済ませておきましょう。

不動産売買の書類作成や登記手続き

不動産売買は数千万、ときには億単位のお金が動く大きな取引です。それだけに、契約時には、将来トラブルに発展しないよう、しっかりと書類を作って、確実に登記の手続きをしておく必要があります。「紛争予防のスペシャリスト」である司法書士が、あなたの不動産取引の安全をトータルサポートいたします。

建物を新築した際の所有権の登記

建物を新築したときは「所有権保存登記」をします。それに伴う減税証明書の申請など、何かと面倒な手続きもすべて一括して承ります。

不動産登記

住所変更の登記

引越しや転勤で住所が変わったときは、不動産の住所変更手続きが必要です。

結婚などで姓が変わったときの変更手続き

結婚や離婚に伴い姓が変わったときは、不動産の氏名変更手続きを行います。

相続放棄の手続き

一般的に「相続放棄」というと、遺産分割協議で「何ももらわないこと」に同意することだと思われがちですが、実はそうではありません。たとえば、ご親族が借金を残して亡くなったような場合は、家庭裁判所で相続放棄の手続きをしない限り、返済義務を免れることはできません。相続放棄の手続きには期限がありますので、早めに当事務所にご相談ください。

相続人が行方不明の場合の手続き

遺産分割協議には相続人全員の参加が必要です。一人でも行方不明の方がいると有効な協議はできず、その場合、家庭裁判所で財産管理人を選んでもらうことになります。その際の手続きを当事務所が承ります。

遺産分割の調停の手続き

相続人間で協議をしても遺産分割がまとまらないときは、裁判所で調停(話し合い)をすることができます。その際の書類の作成など、難しい手続きは当事務所にご依頼ください。

更新日:

Copyright© 司法書士・社会保険労務士・行政書士“訪問相談”の中牧事務所 , 2017 AllRights Reserved.